もだんじゃぽん

にっぽんの"いま"に密着するメディア

*

面接で採用されない人に共通するポイントと対策

   

仕事の面接内容から外れていても、コミュニケーションがちゃんと取れる方はそれだけでプラスの評価を受けます。要するに「意欲がある」という部分は一目瞭然なのだということ。

将来の見通しが不透明で、明日のことさえわからない、という人は、残念ながら仕事での評価は高くなりにくく、不採用に大きく影響していると言われています。あるアドバイザーによれば「声が小さい、面接の際にはしっかり自己アピールできるように事前用意を万端にして面接望んではどうですか?」という声も上がっています。

最初の印象で心をつかむ

MAX88_shinzouwosasageru20141025133814_TP_V1

さらにあるアドバイスによれば「見た目の印象が7割を占める」と言われるほど、第一印象は重要です。

本当のところは定職に就けず、その職場で仕事が続くかどうかという問題と、現実的に「仕事に就かない」という場合には違いがありますから、前向きに自分の経験を語れる人は仕事でも成長しやすい人として好評化を受けます。さらに仕事にブランクなどがある時も理由を聞かれます。

面接を受ける方の中には、ある意味での「負け癖」がついて、面接に落ちやすいパターンに陥っている人も多くいるのだということ。専門学校など、自分の興味関心が、今受けている仕事の面接で有用にアピールできない場合は不採用通知ばかり届く結果となってしまうようです。たとえブランクがあったとしても、そこから何を得たか、何を学んだのかという場合を言い切れる人間は評価が高く、採用を受けやすいのだということ。

そういう時には一度自分の現状や通ってきた道筋を振り返り、プラスに働いたところやこれからプラスにしていけるポイントなどを洗い出してみるのもいいかもしれません。仕事で不採用になりやすい人のポイントととしてはやはり「意欲が感じない」という事が多く、大学等で様々な経験を積んできたこと自体がプラスの評価として受け取られる受け答えが重要です。

仕事に適した服装か、という点から見れば髪型や色、爪の処理等でも「本当のところは会った際の第一印象で採用不採用が決まります」といった声もあります。

第一印象の好転の極意:熱意を持って面接に挑む

PAK86_rahunaimadesyo20131223-thumb-815xauto-16820

要は「熱中できるものがある」という方向に話を持っていけばOKなということです。このような点も担当の人たちは見ています。たとえ仕事に支障があっても「その学校に入った理由や夢を持っており、それを仕事と両立できる、ということを積極的に話せる人は仕事でも積極的なのではないか」と思われるのだということ。

消極的な人は「仕事でも頼りがいのある人」に見えず、結果「仕事に就けない」という点があげられるのだということ。

物事には必ずいい面があります。ネットでよく「面接を何回受けても採用されません」といったタイトルも見かけますよね。

何度も不採用を経験している方の中にはアルバイトの経歴などもなく、資格も少なく、専門学校卒だ、という方がいらっしゃるかも知れません。仕事での面接は対面で行われるわけですから、本当のところは見てくれの第一印象で不採用になる傾向が強いのだということ。

ポジティブで熱意あふれる面接にするためには

このページを見た人だけにそっと教えちゃいます。
・・・なんて宣伝文句をよく見かけますね。あれって怪しさ倍増させてますよね・・・。
と書きつつ、その宣伝文句をそっくり使いたくなるほどのアイテム。

それが常勝思考―人生に敗北などないのだ。なんです。

この常勝思考―人生に敗北などないのだ。、とにかく消極的な癖が付いている人にはおすすめなんです。
この本に書かれてることをそのまま実践するだけで、積極的になれちゃうんだから、本当にびっくりしてしまいます。

あまりダラダラ書くと、怪しげな業者の宣伝文みたいになってしまうので、ここらで辞めておきます(笑)。
興味を持たれた方は一度チェックしてみてくださいね。
本当に驚かれることかと思います。

 - ビジネス